貴方は夜毎モンスターの襲撃を受ける村の村長。
10日間、村を守りきることが出来るだろうか?

→すぐに始める1へ進む
↓前書き(愚痴?言い訳?)を見る
















最近ラインディフェンスというジャンルが面白いなー。
そう思って、ゲームブックでは実現できないかと思い立つ。
・・・んが、作ったものがどれも煩雑すぎて駄目。
1つ目→超煩雑。ゲームブックでやるレベルじゃない。
2つ目→大分軽量化するも、やはり煩雑。
3つ目→システム面を見直す。試行錯誤。
4つ目→取っ払えるものは全部取っ払おう。
↑いまここ。
正直物語性も何もへったくれも無くなった。
ついでに言うと、攻撃力や体力も取っ払った。
やってみると分かるけど、初見殺しも多々あり・・・。
覚えてしまえばってのは、ある意味ゲームブックぽい。
ゲームとして成り立つかどうか不明だけど。

1へ進む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

●●●おことわり●●●
このゲーム、軽量化したにも関わらず計算が多い。
それをまず、頭に入れて置いて頂きたい・・・。

最初に戦闘システムの説明を。

敵の襲撃について。
村を守る防壁と、戦闘員の用意等やりくりする昼。
敵の襲撃を迎え撃つ夜。
この二つを繰り返すことになる。

●昼
戦闘要員の増員も、防壁の強化も、資材を用いる。
負傷兵は戦闘要員として回復させることが出来る。
新たに増員するよりは安く済む。
防壁は最大耐久を上げたり、補修を行える。
夜の戦闘で耐久が0になると、費用が増えるので注意。
できるだけ防壁の耐久は残せるようにしよう。
(どちらの場合も最大値を増やすと考えて良いかも)

●夜
敵の攻撃は、単に脅威度と言う数字で表す。
これが防壁の耐久を超えると、村人に被害が及ぶ。
防壁が耐えれれば、村人が弓で反撃をする。
どちらかが全滅するまで繰り返す、という形。

例)ゴブリンの襲撃。
ゴブリン脅威度25
村の防壁耐久度30
戦闘要員人数 15

1.まず敵の攻撃(常に敵が先になる)。
  防壁は30→5に。
2.次に村人の反撃。
  ゴブリンの脅威度は25→10に。
3.次にゴブリンの第2撃目。
  防壁5→0、余剰分は5。
  戦闘要員は15→10に。
  この際負傷するだけで、死亡ではない。
4.最後に村人の反撃。
  ゴブリンの脅威度10→0

以上が流れとなる。
日を追う毎に敵の脅威度は増す。
加えて、中程から防具で武装したものも現れる。
(この防具は敵側の防壁として扱う)
更に第1波、第2波、等と構成も増える。
この時、第2波は第1波の攻防後に合流する。
高脅威の群に、高防御の群が合流する危険は想像に易い。
当然、防壁から先に耐久が減るので、脅威は温存される。

防衛側も回を追う毎に、防衛に使える資材が増える。
周辺で同じ様な脅威に晒される、避難民による増加である。
(具体的に言うと、人員が増え、木の伐採等人手が増える。
 得られる資材で増やす戦闘要員よりは人口が常に上。
 結果的に資材が増える事だけ注目すれば良い。)
協力して乗り切っていこう。

では本編へ→5へ進む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

今夜の襲撃は2波。
重装備の闇オーク兵とブラックゴブリンミュータントだ。
闇オークの脅威度は20、防壁は200。
ブラックゴブリンミュータントは脅威度40、防壁20。

まずは何時も通り脅威度20と防壁200の相手と対戦。
その後、後続と合流し、残った数値を合算する。

→この大攻勢を生き延びたら11へ進む
→耐え切れなかったら10へ進む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

初防衛おめでとう。
防壁は耐えただろうか?
耐久が0になると補修碑が高くなるのは前述の通りだ。
また、避難民を受け入れで、使える資材が増えるぞ。

→二日目に23へ進む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

何時もと勝手が違う。・・・これがゾンビに?
残念ながらそのようだ!!

第1波  マッドオーガゾンビ 防壁1000 脅威50
第2波  マッドオーガ    防壁   0 脅威50
第3波  マッドオーガゾンビ 防壁1000 脅威50
第4波  マッドオーガ    防壁   0 脅威50
第5波  マッドオーガゾンビ 防壁1000 脅威50
第6波  マッドオーガ    防壁   0 脅威50

何とかここまで来たが・・・?

→生き残った37へ進む
→無念・・・6へ進む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

現在の戦闘要員は5人。
防壁耐久は10、最大値も10。
資材は100。
最初だから、1日目は何が何でもこんなものだ。

戦闘要員を増やすなら資材5。
防壁の最大耐久及び現耐久を上げるのは資材10。
最大耐久を上げた分だけ、耐久を上げておく。

準備が済んだら夜に備えよう。

→戦闘だ29へ進む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

残念ながら奮戦空しく、村はモンスターの手に落ちた。
貴方達の命運は尽きた。

(滅亡 END)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

守備はどうだっただろう。
楽勝でも辛勝でも勝ちは勝ちだ。
あれでも一種の脅威。
その排除の噂は避難民を引き寄せている。

→翌日へ18へ進む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

使える資材は1900増えている。

戦闘要員を増やすなら資材5。
負傷した村人の戦線復帰は一人につき資材1。

防壁耐久を0→1へ回復させるには資材30。
防壁の減った耐久を1回復させるには資材2。
防壁の最大耐久、及び現耐久を1上げるのは資材10。

用意が済んだら

→魔導師のゾンビ怖い13へ進む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

今夜はオークの軍勢だ。
第1波 闇オーク重装兵 防壁400 脅威40
第2波 闇オーク軽装兵 防壁 40 脅威20
第3波 闇オーク軽装兵 防壁 40 脅威20

なんとか・・・

→なった14へ進む
→ならなかった6へ進む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
10
流石にこの大攻勢を生き延びるのは難しい。
一度最初から、資材を巧く活用してやってみよう。
重要なのはやはり防壁だろう。

→やりくり上手になる5へ進む
→諦める6へ進む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
11
おめでとう!
最初の難関を凌ぎ切った!
被害も相当出たかもしれない。
しかし、モンスター達は恐怖したようだぞ!
避難民達からも、周辺が明るく感じれたと報告が。

→6日目へ32へ進む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
12
今夜の敵はブラックゴブリンミュータントだ。
ゴブリンにしては巨大な体躯で分厚い皮膚をしている。
この皮膚は天然の防具となりうる。
脅威度30、敵防壁15。

→守りきった7へ進む
→守りきれなかった6へ進む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
13
第1波 闇オーク軽装兵 防壁80 脅威40

→もちろん勝った34へ進む
→なんで?負けた6へ進む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
14
これからこれが続くかと思うとぞっとする。
終わりが見えているのかいないのか・・・。
それでもここを頼りに逃れくる避難民は絶えない。
またしても嫌な噂を耳にした。
モンスターを操っている魔導師が動き出したという。

気を引き締めて

→8日目へ35へ進む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
15
周りの幾つかの村は、あのミュータントに敗北している。
それを乗り切った噂は大分広まってるようだ。
避難民は大分増えてきた。
しかし、避難民達の話からは悪い噂も散見された。
最近森の様子がおかしい、動物の気配が無いなど。
その様子から、モンスターの大進行を心配している、と。
懸念材料ではある・・・。

→運命の折り返し、5日目へ24へ進む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
16
今夜の襲撃はまたしてもブラックゴブリンだ。
ただ、数を増やしてきているぞ。
脅威度は20。

→勝った21へ進む
→負けた6へ進む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
17
ブラックゴブリンミュータントが数を増やし襲ってきた。
脅威度50、敵防壁25。

→防衛成功15へ進む
→防衛失敗6へ進む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
18
使える資材は475増えた。

戦闘要員を増やすなら資材5。
負傷した村人の戦線復帰は一人につき資材1。

防壁耐久を0→1へ回復させるには資材30。
防壁の減った耐久を1回復させるには資材2。
防壁の最大耐久、及び現耐久を1上げるのは資材10。

必要な補強が済んだら今日の生き残りを賭けよう。

17へ進む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
19
大量の避難民の協力の下、資材は4000増えた。
出来る限りの補強をしよう。

戦闘要員を増やすなら資材5。
負傷した村人の戦線復帰は一人につき資材1。

防壁耐久を0→1へ回復させるには資材30。
防壁の減った耐久を1回復させるには資材2。
防壁の最大耐久、及び現耐久を1上げるのは資材10。

用意が済んだら

→魔導師と決戦だ!25へ進む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20
資材は1000増えた。

戦闘要員を増やすなら資材5。
負傷した村人の戦線復帰は一人につき資材1。

防壁耐久を0→1へ回復させるには資材30。
防壁の減った耐久を1回復させるには資材2。
防壁の最大耐久、及び現耐久を1上げるのは資材10。

大攻勢の本番への準備が済んだら時を待とう。

→死して屍拾うものなし9へ進む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
21
辛勝だっただろうか、圧勝だっただろうか。
そろそろどういう勝ち方が良いか見えてきただろうか。
慣れてきたことを祈る。
ともかく、防衛の噂を聞きつけ、避難民が増えてきたぞ。

→次の日へ26へ進む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
22
おかしい・・・手応えが無さ過ぎる。
そう思っていたら、死んだはずのオークが起き出した。
ゾンビになって!
痛みも感じない、矢を受けても倒れない!
完全に破壊しきるまで矢を放ち続けるしかない!
更には増援まで現れた!

第1波改 闇オークゾンビ 防壁500 脅威25
第2波  マッドオーガ  防壁  0 脅威50
第3波  マッドオーガ  防壁  0 脅威50
第4波  マッドオーガ  防壁  0 脅威50

闇オークゾンビは動きが鈍いため脅威は増えてはいない。
ただ、ひるまずどんどん折り重なり登ってくる。
そのせいで射手の狙いを妨害していて厄介だ!

→何とか凌ぎきった31へ進む
→無理だった・・・6へ進む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
23
使える資材は200増えている。
先日の資材の余りと200を足しておく。

戦闘要員を増やすなら資材5。
負傷した村人がいるなら、それぞれ戦線復帰に資材1。

防壁耐久が0になってたら、耐久を1にするのに資材30。
防壁の減った耐久を1回復させるには資材2。
防壁の最大耐久、及び現耐久を1上げるのは資材10。

必要な対策を講じ終えたら襲撃に備えよう。

→戦闘開始だ16へ進む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
24
使える資材は600増えた。

戦闘要員を増やすなら資材5。
負傷した村人の戦線復帰は一人につき資材1。

防壁耐久を0→1へ回復させるには資材30。
防壁の減った耐久を1回復させるには資材2。
防壁の最大耐久、及び現耐久を1上げるのは資材10。

今日は不穏な気配が漂っている・・・。

→万全を期して2へ進む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
25
第1波 マッドオーガ  防壁  0 脅威50
第2波 マッドオーガ  防壁  0 脅威50
第3波 マッドオーガ  防壁  0 脅威50

→勝った4へ進む
→負けた6へ進む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
26
使える資材は325増えた。
先日までの余りと足しておこう。

戦闘要員を増やすなら資材5。
負傷した村人の戦線復帰は一人につき資材1。

防壁耐久を0→1へ回復させるには資材30。
防壁の減った耐久を1回復させるには資材2。
防壁の最大耐久、及び現耐久を1上げるのは資材10。

必要な対策を終えたら迎え撃とう。

→迎撃開始12へ進む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
27
村人達にはいい休息になったかもしれない。
しかし避難民の言葉で淡い幻想は打ち砕かれる。
オークの軍勢が組織されているとの噂がある。
あの重装兵と組み合わさってくるとしたら脅威だ。

準備は万全で望もう。

→いよいよ本番か20へ進む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
28
第1波 闇オーク軽装兵 防壁50 脅威25

→勝った?22へ進む
→負けた?6へ進む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
29
この夜の襲撃はブラックゴブリン達だ。
脅威度は10。

→勝った3へ進む
→負けた30へ進む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
30
流石に何の用意もせずに防衛は出来ない。
もう一度やり直して見よう。

→ちゃんと用意しよう5へ進む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
31
魔導師の正体はネクロマンサーのようだ。
これからもこういう手段を用いるのか、あるいは・・・。

→気を引き締めて8へ進む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
32
使える資材は800増えた。

戦闘要員を増やすなら資材5。
負傷した村人の戦線復帰は一人につき資材1。

防壁耐久を0→1へ回復させるには資材30。
防壁の減った耐久を1回復させるには資材2。
防壁の最大耐久、及び現耐久を1上げるのは資材10。

補強が済んだら夜を待とう。

→6日目の夜へ36へ進む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
33
なんとかここまで辿り着いた。
しかし、今回は避難民が多い。
理由を聞いて納得した・・・。
魔導師が大攻勢をかけていると!

→次はやばいかもしれない19へ進む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
34
またしてもこのパターン・・・。
気を引き締めよう!

第1波改 闇オークゾンビ 防壁800 脅威40
第2波  マッドオーガ  防壁  0 脅威60
第3波  マッドオーガ  防壁  0 脅威60
第4波  マッドオーガ  防壁  0 脅威60

→駆逐完了!33へ進む
→駆逐された6へ進む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
35
使える資材は1300増えている。

戦闘要員を増やすなら資材5。
負傷した村人の戦線復帰は一人につき資材1。

防壁耐久を0→1へ回復させるには資材30。
防壁の減った耐久を1回復させるには資材2。
防壁の最大耐久、及び現耐久を1上げるのは資材10。

用意が済んだら

→魔導師がなんぼのもんじゃー28へ進む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
36
本日の襲撃は闇オーク重装兵。
ただ単独での特攻のようなので、先日の比ではない。
脅威度は20、防壁は200。

→もちろん勝った27へ進む
→負けてしまった・・・6へ進む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
37
結局の所、魔導師は現れず仕舞いだった。
こちらとしてはありがたい話だが、不安は残る。
何時また襲ってくるとも限らないのだから。

何はともあれ、貴方の村は生き延びることが出来た。
(サバイバル成功、END)


















後書の様な物。むしろ泣き言。

システムを、雑にならない程度に簡素化すること。
それにこれほど手間取るとは思わなかった。
雑ではないけど、簡素にもなりきれてない・・・。
まだまだ改良の余地アリですな・・・。

というか、やり終えて思うこと。
全部プレイして、敵情報記録しておく。
それで、壁を壊されない程度の補強をして迎え撃つ。
これの繰り返しでクリアできるのは問題かもしれない。
また、色々と工夫して出直します・・・。

前回は小説型にした分、文章打ち込みの手間のみ。
今回はシステム面の構築に異常に時間がかかった。
えーっと・・・何時間だろう・・・。
たぶん4~50時間かかってるですな(泣)
作り→駄目→直し→駄目→直し→駄目→妥協。

・・・最後に。
これ面白いんだろうか・・・。