Overview作品概要

このエントリーをはてなブックマークに追加
悪夢の国のアリス
悪夢の国のアリス
媒体 Kindle
作者1 ジョナサン・グリーン
作者2 綿峰一斎
出版社 幻想迷宮書店
ジャンル
パラグラフ数
必要なもの
書評・感想
概要
2015年にイギリスにて発売されたゲームブック。筆者、ジョナサン・グリーンは、英国ゲームブックの源流イアン・リビングストンとスティーブ・ジャクソンの直系の後継者であり、21世紀も意欲的にゲームブックを出し続けている。彼の記念すべき邦訳作品第一号となる本作を、翻訳者にして、ゲームブック識者でもあるハイブリッドライター綿峰一斎が抜群のセンスで軽妙に訳出。

本作はしかし、ファイティング・ファンタジーシリーズではなく、かのルイス・キャロルの有名童話『不思議の国のアリス』をモチーフにしたホラー仕立てのゲームブックとなっている。“不思議の国”でのおかしな体験から4年。すべてを忘れてしまったアリスはまたしても、不思議の国へと迷いこむ。

もしもアリスが“私を飲んで”と書かれた瓶の中身を飲まなかったら? 三月ウサギたちとお茶をしなかったら? そんな“イフ”を考えたことはないだろうか? その答えがここにある。もっとも『悪夢の国のアリス』では、諸々の結末は読者である、あなた次第なのだが。ゲームブックの本場イギリスにおけるゲームブックの21世紀事情を知る上でも必読の一冊。
このエントリーをはてなブックマークに追加

<< 検索画面に戻る

GameBook.xyz

GameBook.xyz

PAGE TOP