Overview作品概要

このエントリーをはてなブックマークに追加
サキの忘れ物
サキの忘れ物
媒体 Amazon紙
作者1 津村記久子
作者2
出版社 新潮社
ジャンル
パラグラフ数
必要なもの
書評・感想
概要
★パラグラフ数60程度のゲームブックを内包した小説の短編集です。
見守っている。あなたがわたしの存在を信じている限り――。ある日、千春はバイト先の喫茶店で客が忘れていった一冊の本を手にする。それは誰からもまともに取り合ってもらえなかった彼女がはじめて読み通した本となった。十年後、書店員となった千春の前に現れたのは。人生は、ほんとうにちいさなことをきっかけに動きだす。たやすくない日々に宿る僥倖のような、まなざしあたたかな短篇集。
アルバイト先に忘れられた一冊の本。それは誰からもまともに取り合ってもらえなかった千春がはじめて読み通した本となった。十年後、書店員となった彼女の前に現れたのは。(『サキの忘れ物』)。前の東京オリンピック以来の来日で、十二時間待ちの展示の行列に並びはじめた主人公がその果てに出会った光景。(『行列』)。ある晩、家の鍵をなくした私は居場所を探して町内をさまようことに。一篇のなかに無数の物語が展開!(『真夜中をさまようゲームブック』)。
このエントリーをはてなブックマークに追加

<< 検索画面に戻る

GameBook.xyz

GameBook.xyz

PAGE TOP