BBS・情報共有

41 comments on “BBS・情報共有
  1. JotaroYoyogi より:

    私の思い出のゲームブック

    バルサスの要塞-アドベンチャーゲームブック (2)

    バルサスの要塞-アドベンチャーゲームブック (2)

    • 作者: S・ジャクソン,浅羽莢子,スティーブ・ジャクソン
    • 出版社/メーカー: 社会思想社
    • 発売日: 1985/04
    • メディア: 文庫
     

    2015年2月23日現在、廃刊で新品入手不可にしては比較的良心的な価格で提供されています。
    著名な火吹山の魔法使いに続く第2段で、魔術が使えることが特徴です。
    浅羽莢子さんの翻訳も物語に思わず引き込まれる文体で感動モノです。

  2. greathelp より:

    こんばんは~。
    遊びに来ちゃいました。

    >バルサスの要塞
    →プレイしたのは中学のときかな・・・
    懐かしいですな。

    そうそう、魔法に関する部分がミソで、確か特定の魔法を持っていかないと、詰みになるような仕様だったような・・・
    う~ん、記憶の彼方ですが、遊んだ記憶はあります。(^^;)

    そうか、廃刊なのか・・・
    寂しいのもありますが、時代なのかもしれないですな。

    ・・・なんてことを言うと、オッサンくさいかもしれませんが。(^^;)

    ではでは、これからもよろしくです。

    grreathelp

    • JotaroYoyogi より:

      greathelp様
      コメントありがとうございます。
      スティーブ・ジャクソンの作品は素晴らしかったですよね。
      でもそれが「時代」と言ってしまうと寂しいので、
      温故知新、また新しい作品が出てくればいいと思い
      このサイトを立ち上げました。
      またぜひ遊びに来てくださいね。
      こちらこそよろしくお願いいたします。

  3. JotaroYoyogi より:

    SPY vs SPYコメント欄からの続きです。
    そういう訳でパラグラフ間にスペースを設けたい場合は
    まずはダミー画像をご設定下さいませ。

    あと、代々木丈太郎の個人的な活動としては
    FT書房さんにFT新聞用のミニゲームブックを投稿してみようと思っています。
    25~35位のパラグラフが理想的ですが、
    目の肥えたFT読者さん向けということで力が入りすぎ、
    60パラグラフくらいになっちゃいました(T_T)
    ボツの可能性大ですね。ま、取り敢えず応募してみます。
    いずれにせよこのサイトでも公開予定です。
    よろしくお願いします。

  4. Shin より:

    ダミー画像案は参照先を統一すれば
    元画像を差替えるだけでパラグラフ間のスペースを一気に変えられるので
    変更修正に強いのが一番の特徴ですね。
    パラグラフ間を繰り返しタグ打ち込むよりダンゼン効率が良いのは確かです。

    また、タグ打ちでの改行や空白も個別に微調整ができて
    作成時の見せ方のコントロールが可能ですので使いどころがわかっていれば効果的ですね。

    まあ、製作者の方の好みもありますし
    双方使い分けていくのが良いのかな~、と。

  5. 緒方直人 より:

    Yoyogi様、FT新聞さんにご進出ですか?おめでとうございます。
    あちらでもご一緒できるとは心強い限りです。共に奮闘いたしましょう。

    では私もこちらにて一枚噛ませて頂きますね。
    確かに作り手さんそれぞれですよね。
    皆さんのお気に入りパターンをあれこれオープンにしていけば
    ご新規さんもいろいろ試せて参考にもなるでしょうし
    そこから新たなアイデアも生まれてくるのではと思います。
    「こういう風にしたいんですがどなたかタグの書き方ご存知ですか?」とか
    質問コーナーにしてもいいですよね。
    もちろん私もどしどし勉強させてもらいたいと企んでるクチですが(苦笑

    自分がかつてつまづいた点を思い起こしながら、
    これからポツポツ書き込んで行こうかと思います。

  6. JotaroYoyogi より:

    Shin様

    その通りですね。画像はめ込みも、タグもそれぞれの特徴がありますから、作品のシーンによって使い分けるのがいいですよね。

    緒方直人様

    いえいえ、進出と言うほどのものではなくて、杉本=ヨハネさんが作品募集を呼びかけるTweetをされていたのでダメ元でお送りしたような感じです。ここだけの話、別の方と私を混同されていたようなんですよね。ま、どうでもいいです。面白ければFT新聞に掲載して頂ければなあと。ダメでもこのサイトで公開しよう(データはアップ済みです)と思っています。

    いやあ情報交換出来る場があるっていいですねえ。有難うございます!

  7. 緒方直人 より:

    すみませんいきなりですがどなたか質問お願いします(汗
    「 」というか
    一連のタグってどうやったらココに表示できるんですか?

  8. JotaroYoyogi より:

    緒方直人様

    私もよく分かっていないんですけど(おいおい)(^_^;)
    あるプラグインを導入しましたので
    [Html]タグ[/Html] (←すべて半角文字でお願いします。)
    と言う感じでくくって頂ければOKかと思います。

    宜しくお願いします。

    • 緒方直人 より:

      ダメです~。申し訳ありません。
      どこかが間違ってるのかやっぱり中身が消えてしまいます。
      手間ですが全角変換して書き込むしかないですかね。。。。

  9. Shin より:

    JotaroYoyogi様

    投稿作品のページだけでもシングルカラム表示に変更できないでしょうか?

  10. JotaroYoyogi より:

    緒方直人様

    は下記のように表示されます。

    テストです。

     
  11. JotaroYoyogi より:

    Shin様

    申し訳ありません。
    現在のテーマを改造して1カラムに出来るか試したのですがダメでした。
    他のテーマを使うと言う選択肢もありますが、
    現在のテーマにアクセス数の特殊改造を施しているため、
    他のテーマだとアクセス数が反映されなくなるので、現状では難しいです。

  12. Shin より:

    緒方直人様

    前歴のご質問の記号に対応する文字です。

    (&) = (&)
    ( ) = ( )

    「 」を半角表示の場合二つに分けて考えて、連ねて書きます。
    「&」(&)+「nbsp;」(nbsp;)= 

    二つの文字として認識して と表示されます。

    試してみてください。

    • 緒方直人 より:

      できましたできました♪
      すごいですね分けるとかなんかもう暗号みたいな世界ですね。
      ともかくこれでなんとか挑戦してみますありがとうございました。

  13. 緒方直人 より:

    私なりのテキスト使用例です。
    なんか不必要なのも交じってるかもしれませんが
    まぁ特に今のところ問題ないみたいなので、よければドゾー。

    ※テキストをWeb上にそのままアップするには

    ・前カッコの「<」は「&lt;」、後カッコの「>」は「&gt;」という文字列に変換してアップする。
    ・「&nbsp;」などの「&」部分は「&amp;」という文字列に変換してアップする。
    (一旦Wordやメモ帳に全体をコピペしてから編集メニューの置換で一括変換すると便利)

    【文字列を太字で誇張する】
    ・太字にしたい文字列を、<b> と </b> の2つで囲む。

    (例1)
    こっちは細字<b>こっちは太字</b>

    こっちは細字こっちは太字

    【強制的に改行させる】
    ・文の最後に、<br/> を入れる。

    (例2)
    ここまで一列目<br />ここからは二列目

    ここまで一列目ここからは二列目
    (コメント欄では変わりませんが、本編投稿欄では変わるようです)

    【3行分の空白行(スペース)を設ける】
    ・行間に、<p>&nbsp;</p> を入れる。

    (例3a)
    本文1~~~
    <p>&nbsp;</p>
    本文2~~~

    本文1~~~
     
    本文2~~~

    ※もっと空けたい場合は好きなだけたくさん並べる。

    (例3b)

    本文1~~~
    <p>&nbsp;</p>
    <p>&nbsp;</p>
    <p>&nbsp;</p>
    本文2~~~

    本文1~~~
     
     
     
    本文2~~~

    【パラグラフ番号のリンク設定(上記例を色々併用)】
    1.選択肢の文字列を、<a href=”#〇〇”> と </a> の2つで囲む。
      太字で誇張したいのなら外側を<b></b>でも囲む。
      最後は<br />で改行させる。
      〇〇の部分には飛ばしたいパラグラフの番号を入れる。
      (正確にはリンク先のアンカーで指定した文字列。特に数字でなくとも構わない)

    (例4a)
    →ドアにはいるなら、<b><a href=”#100″>100へすすむ</a></b><br />

    →ドアにはいるなら、100へすすむ

    ※上の例では「100へすすむ」の部分だけがリンクの文字列となる。
     囲む部分を変えれば、選択肢全体だったり、数字の部分だけに限定もできる。

    (例4b、選択肢全体)
    <b><a href=”#100″>→ドアにはいるなら、100へすすむ</a></b><br />

    →ドアにはいるなら、100へすすむ

    (例4c、数字部分のみ)
    →ドアにはいるなら、<b><a href=”#100″>100</a></b>へすすむ<br />

    →ドアにはいるなら、100へすすむ

    2.リンク先となるパラグラフ番号の上に、<p><a name=”〇〇”></a></p> でアンカーを設置する。
      番号から下全体が表示されるように、<p>&nbsp;</p> で間に余裕を持たせる。
      こちらでのパラグラフ番号〇〇の前には「#」は必要ない。

    (例4d)
    <p><a name=”100″></a></p>
    <p>&nbsp;</p>
    <p>100</p>
    本文~~~~~~~~~~~


     
    100
    本文~~~~~~~~~~~
    ↑上のリンクをクリックして確かめてみてください

    • 緒方直人 より:

      訂正
      コメント欄ではリンクも効かないようです
      本編投稿欄で確かめてみてくださいm(_ _)m

  14. JotaroYoyogi より:

    ゲームブック作家の皆様、ご機嫌如何でしょうか?
    管理者代々木丈太郎です。
    今試験的にですけど、Twitterで宣伝ツイートを一日1回行っています。

    各作家さんお一人につきこのサイトに掲載されている1作品と
    考えているのですが、宣伝文句を募集しております。
    (私が勝手に考えたものですと、作家さんの意図を汲みきれていないと思われるため、
    作家さんご自身でPR文をご提供いただけると嬉しいです!)

    (例) 緒方直人さんの「ぴょんたんのなぞなぞゲームブック」の場合

    【宣伝】
    ぴょんたんのなぞなぞゲームブック
    どこかで見かけたような、往年の名作を彷彿とさせるオマージュ作品。ぴょんたんをスマホ大王から救ってあげてね!親子で楽しめます!ぜひどうぞ。
    http://gamebook.xyz/?p=4892

    ↑URL意外の文字数は約88文字です。
    これにキャッチ画像をつけてツイートします。

    私のこちらのアカウント↓にて行います。フォロワー数1,000なので、微々たるものではありますが…。

    twitter.com

    少しでも多くの方の目に触れる機会を作れればと思っています。
    こちらのBBSにてお返事を頂ければ幸いです。
    よろしくお願いします。

    • 緒方直人 より:

      おぉー!ありがとうございます。
      PRとか苦手でウブなshyboyなので(ヲイw
      なんともありがたい限りでございますです。
      私の分に関しましては簡単で構いませんのでYoyogi様にお任せします。

  15. JotaroYoyogi より:

    緒方直人様

    え、いいんですか?
    私もそんなに得意じゃないんですよね。(^^;)
    ではまずはそれでやってみますね。

    不平等になるといけませんからまず下記の方々の
    作品ツイートをしています。

    【宣伝】
    ものぐさ戦士の冒険譚
    あなたは勇敢…とは言えないものぐさ戦士だ。師匠から叱責を受け仕事を受ける。様々な人間模様と困難を乗り越えて無事GOOD ENDにたどり着けるか?
    http://gamebook.xyz/?p=5698

    【宣伝】
    ボクはイタンのセカイ系 -retune2012-
    R15~18。あなたはお父さんから首切り用(?)の剣を与えられた高校生。どれだけ処罰できるかを競うと言うぶっ飛びゲームブック。
    http://gamebook.xyz/?p=5772

    【宣伝】
    SPY vs SPY
    サイコロと筆記具で挑むゲームブック。あなたはスパイだ。使徒隣り合わせの数々の危機を乗り越えて、無事にミッションをクリアできるか?
    http://gamebook.xyz/?p=5830

    上記以外の作家さんの作品の宣伝ツイートも徐々にご用意して行きますので
    何かご意見があればこの掲示板にお寄せください。

    よろしくお願いします。

    • Shin より:

      JotaroYoyogi様 ありがとうございます。
      ひねくれ者Shin者でございます。
      ご案内ありがとうございました。
      私は本文の「(?)」だけ除いていただければ、後はお任せいたします。
      よろしくお願いします。

    • snake-o より:

      宣伝文つくってくださったんですね。
      文、画像ともすばらしいです。
      (文中の「使徒」は「死と」の誤記ですよね)
      宣伝よろしくお願いします。

      • JotaroYoyogi より:

        snake-o様

        おおっ。誤変換失礼いたしました。
        しかるべき訂正をして運用いたします。
        ご指摘有難うございます。

  16. JotaroYoyogi より:

    それでは作家さん一人につき一作品で宣伝ツイートとキャッチ画像を考えてみました。
    何か問題があればコメントで優しくご意見ください。
    ちなみに画像の大きさはTwitter上では適度調整されますのであんまり気にしないでください。

    【拡散希望】
    ラストオーディション
    あなたはオーディションをクリアできるだろうか?まるで読者自ら選んで読み進められる「世にも○○な物語」の世界観。あなたはまさに崖っぷちだった…。
    http://gamebook.xyz/?p=2290

    【拡散希望】
    Re:Love Letter
    恋愛シミュレーションと推理小説を融合させたゲームブック。あなたにこの謎は解けるだろうか? 意中の彼女との恋の行方は?
    http://gamebook.xyz/?p=1902

    【拡散希望】
    祟りサワリの怪奇譚
    突然だが、俺は祟られている……可愛い少女の外観で滑稽な祟り神との駆け引きが絶妙。愉快なドタバタコメデイと謎解きが面白いゲームブック。
    http://gamebook.xyz/?p=1197

    【拡散希望】
    時空からの手招き
    ゲームブックKDP作家Sゲームブッカーさん参戦!ストーリー、舞台装置ともに本格的でドキドキしますよ。続編は電子書籍版で発表予定。
    http://gamebook.xyz/?p=1143

    【拡散希望】
    邪道賢人と魔女の裁判
    冤罪に苦しむ女性を救済するため、あなたならどうする?世界観の凄さ半端ないですよ。果たしてあなたは完全無罪を勝ち取ることが出来るだろうか?
    http://gamebook.xyz/?p=555

    尚、下記の作品は各作家さんにご了承を得て当サイトに掲載させていただいている作品です。
    参考までに下記ツイートを予定してます。

    【宣伝】
    ゴブリンの城塞洞窟
    邪悪なゴブリンの巣窟『城塞洞窟』からあなたは財宝を持ち帰ることができるだろうか? ダンジョンを巡り、トラップを乗り越えてミッションクリアせよ!アンデッド様の作品
    http://gamebook.xyz/?p=2216

    【宣伝】
    かくれんぼ
    妹とかくれんぼをする兄のお話、短編ゲームブックです。
    ホラー要素はありません。なかなか手ごわいですよ。オチは寛大な心で許容して下さい。蛍蛍様の作品。
    http://gamebook.xyz/?p=180

    【宣伝】
    『艶福家の住む村』
    水平思考パズルがお好きな方にオススメのゲームブック。
    はい、いいえ、関係ない、で答えられる質問を繰り返して正しい解釈を発見して下さい。
    カスガ様の作品
    http://gamebook.xyz/?p=1920

  17. うにのひと より:

    ご無沙汰しております。現在わけあってネット環境に(あんまり)いないうにのひとでございます。
    宣伝ツイートの告知連絡ありがとうございますです。大感謝です。魔女の絵まで付けていただいていたとは……。
    宣伝文の中身についてこちらから要望はありません。人様になかなか要望を言い出せないCHICKEN! もうすぐケンタの季節ですね。
    また時間があれば拙作ですが投稿させていただきたいと思っております。その時はよろしくお願い致します ( ゚ω^ )ゝ

    • JotaroYoyogi より:

      うにのひと様

      ご無沙汰しております。了解しました。記した内容でツイートを致します。
      ケンタもいいですけど私はモスチキン派ですね。
      またぜひご投稿をお待ちしております。\(^o^)/

  18. 遊戯書籍研究会改めまして文芸遊戯研究会の中の人です。
    この度、メールで告知いただき久々にお伺いしました。
    宣伝の件ですが、特にこちらからの要望や制限などは設けていないので、代々木さんの自由な形でアプローチされて構いません。あの作品は実験作として投稿しましたが結局、読者の間で賛否両論の二極化してしまったようですね。

     それでも飽き足らず、次の実験作を密かに計画中だったりします。また賛否両論の二極化になる (おそらくこんなのゲームブックじゃねえと言われる) と思われますので、代々木さんの投稿サイトは汚すことはせずにひっそりと自分のブログに公開する形になるとはおもいますが…

     ということで来年からまた創作活動を再開したいとおもいまして、こちらも専用のツイッターでも開設してみようかなと考えてはいますが、中々多忙でして更新できるかは不明ですので決まってはいません。。。

     ともあれ、こちらではあまり活躍はしていませんが、何か面白い短編でも思いついたらまた投稿してみようかなと考えてますので、その時はよろしくお願いいたしますね。

    • JotaroYoyogi より:

      文芸遊戯研究会様

      ゲームブックコンパイラの運用方法のアドバイスを頂いたり、
      作品ご投稿やご自身のブログでも当サイトをご紹介いただき有難うございます。

      どんな素晴らしい作品でも賛否両論はありますし、実験的な作品であれば
      それは尚更かと思います。
      当サイトとしてはあらゆるゲームブックを掲載していければと思っています。
      (まだ黎明期なので設けていませんが、R18該当作品は別サイトにするなど…)

      なのでぜひ、差し支えなければ作品をご投稿いただけると大変嬉しいです。
      こちらこそよろしくお願いします。m(_ _)m

  19. JotaroYoyogi より:

    作家の皆様

    遅ればせながらあけましておめでとうございます。
    昨年はこのサイトの趣旨にご賛同いただき、
    素晴らしい作品のご投稿をありがとうございました。

    さて、試験的に行っている宣伝Tweetにつきましては
    今月の半ば(1月15日頃)まで断続的に行い、
    それ以降は一旦終了とさせて頂きます。

    Twitterによる流入は確かにあるのですが
    その分他からのアクセスが何故か少なくなっており
    トータルすると宣伝を行う前と左程変わらずと
    言ったところです。

    宣伝内容・作品もいつまでも同じままと
    言うわけにも行きませんし
    様々な試行錯誤の必要がありますので
    またいろいろ考えて行きたいと思います。
    ご理解の程お願い致します。

    また随時作品のご投稿をお待ちしております。
    お友達、知人の方もお誘い合わせの上
    ご参加頂ければ幸いです。

    本年もよろしくお願いいたします。

    • 緒方直人 より:

      JotaroYoyogi様

      あけましておめでとうございます。
      今年もよろしくお願いします。

      善意でやって頂いてたんですからしれっと止めても良かったのに、
      毎日お忙しい中、宣伝もどうもありがとうございました。
      いつもお世話になりっぱなしで済みません。

  20. 緒方直人 より:

    JotaroYoyogi様

    FT新聞見ましたよー♪
    いよいよ今週なんですね。楽しみにしてます!

    というわけで【拡散希望!】
    JotaroYoyogi様の新作ミニゲが次の日曜日のFT新聞さんにて掲載予定です。
    無料登録制のメールマガジン形式配信ですので、今週中に登録しとかないと見逃しますよー!
    今すぐみんなで登録しよう!(笑

    http://tandt.market.cx/mailmag/acc.cgi?id=140773884813491

    • JotaroYoyogi より:

      緒方直人様

      コメントありがとうございます。
      私もFT新聞デビューを飾らせていただくことになりました。
      FT書房の編集ご担当の方から
      適切な校正やアドバイスを沢山して頂いたのでとても勉強になりました。
      本当にいい経験でした。
      宣伝も有難うございます。恐縮です。
      パラグラフ62でミニゲームとしては多過ぎなんですけど
      楽しんで頂けると幸いです。

      よろしくお願いします。m(_ _)m

      • 緒方直人 より:

        JotaroYoyogi様

        あちらでの投稿お疲れ様でした!さっそく読みましたよー。
        あいにく原典はどれも未読で「あそこのアレはアレですよね!」とかの気の利いた返しはできず申し訳ないのですが(汗
        作品単体としても様々な仕掛けがしてあって凄い作り込み感でしたね。
        何週もやり込んでようやく辿り着けたハッピーエンドに感動もひとしおでした。
        これぞゲームブックの醍醐味ですね!また次のご活躍も期待しております。

        • JotaroYoyogi より:

          緒方直人様

          読んで頂けましたか! ありがとうございます。あ、原典をご存じない方だと正直楽しみが減ってしまうかもしれませんが、いろいろお褒めにあずかりありがとうございます。
          仰るとおり試行錯誤のち、エンディングは誰でも迎えられるというような流れが好きなんですよね。
          コメント感謝いたします。

  21. JotaroYoyogi より:

    緒方直人様

    FT新聞の「反魂の大魔導士」楽しませていただきました。
    小説として読んでも十分面白いですね。
    ムシカの屈服しない想いとか様々な登場人物の描写とか。
    情景描写も素晴らしくファンタジーの世界観も意表をついていて卓越です。
    いいですねのめりこみますよ。
    何しろまだトゥルーエンドにたどり着きません。奥が深いですね。
    選択肢を条件判断だけで進める(T-bot システム)というのも面白い取り組みですね。
    自分には作成できるか分かんないです。

  22. 緒方直人 より:

    JotaroYoyogi様

    あちらも読んでくださいましたか。いつも丁寧な感想ありがとうございます。
    毎度他人のフンドシで相撲取るのが大好きな節操無しです(笑
    読者の自主的な判断をまるっと排除できるのが書き手からしても非常に便利なシステムですよね。
    おかげであんな無茶なバッドエンドにも楽々誘導できたのが面白かったです。
    ファンタジーはまだまだ慣れないです。やっていい事とダメな事のルールがいまいち掴めなくて。。。
    代々木様からももし「ここはファンタジーとして違和感あったぞ」的なご指摘があればお教えいただけるとありがたいです。

  23. JotaroYoyogi より:

    緒方直人様

    いえいえ他人のフンドシなんて事はないですよ。
    T-bot システムは書き手からも楽なんですか? そうなんですか。
    作るの大変そうな印象でした。パズル的な思考が必要というか……。
    ファンタジーは私も全然詳しくないです。FT書房さんに聞くのが一番ですよ。
    個人的にはファンタジーとしても良かったと思います。
    文体も柔らかくていいです。
    パラグラフ数が28であれだけ出来るというのにも関心します。
    素晴らしいですね。

    • 緒方直人 より:

      JotaroYoyogi様

      確かにフロー組みに関してはパズルチックで大変な面もありましたが、あそこまで凝らなくても
      ≪戦士はいるか?Y/N → 盗賊はいるか?Y/N → 僧侶は……≫
      と私の来世占いみたいな単純な二択分岐のシングルフローにしても充分形に出来るシステムかと。最後にハイこの組み合わせが当たりでした、とかにすれば。

      T-botシステムが楽というのは、選択肢が強制的な状況判断(仲間がいるか?/アイテムを持ってるか?)のみで組めるので、面倒なフォロー選択肢をこしらえたりフラグ管理で潰していったりする必要がなくて済むから楽だなぁ、という点ですかね。
      よくある読者からの「ここならこういう選択も出来るだろ?なぜ無いのだ!」的な手痛いツッコミの、アレw
      いってしまえば全選択肢が単なるフラグ管理で済む。『だってアナタこのフラグ選んでこなかったでしょ』で楽に返せる。そんな感じです。

      ちなみに仰る通り、文体は意識的に柔らかくしてみました。
      女の子主人公だったのでいつもの断定口調じゃ堅かろう、メルヘン童話風な「~しました」の方がしっくりくるかなーと。
      いや~、おかげで途中ギャグりたくなるのを堪えるのに苦労したんです(笑

  24. ゆき より:

    はじめまして。不躾に失礼します。
    ゲームブック作成 by 文芸遊戯研究会さんのブログからこちらへ来ました。
    かなり昔、まだ子供のころに、方眼ノートにゲームブックを書いていたのが懐かしいですが、
    今、再びゲームブックを作っていて、色々と行き詰っています。

    使っているソフトはDivine GameBook Creatorの拡張版です。
    サイコロやランダムを使っての戦闘や駆け引きも、作りたいゲームブックには必要な要素だったため、このソフトを選びました。

    というのも、元々TRPGのソードワールドRPG(1.0)がとても好きで、そういう世界をゲームブックで少しでも再現できたら…と思ったのです。

    しかし、ソフトに付属されているガイド説明と、配布されているテンプレートやゲームブック作成 by 文芸遊戯研究会さんの使い方説明だけではどうしていいのかわからない部分もあって、悩んでいます。

    このソフトについて、こちらでアドバイスいただく事は可能でしょうか?

    • JotaroYoyogi より:

      ゆき様
      これはこれはご訪問有難うございます。

      せっかくコメントを頂いたのですが、私はDivine GameBook CreatorはおろかTRPGもソード・ワールドRPGも触れたことがありません。
      現状では文芸遊戯研究会さんのブログが一番詳しく掲載されているかと思います。
      なので恐縮ですがご質問はソフトウェアメーカーにお問い合わせいただくのが一番かと思います。
      英語であれば翻訳ソフト等をご利用されると良いのではないでしょうか。
      お役に立てず申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*